おすすめのカードローンはこちら★比較6サイト

カードローンの特徴を比較するのに便利なサイト

カードローンには、消費者金融と銀行の2種類があります。どちらにもメリットやデメリットなどの特徴がありますので、それらの特徴を踏まえて自分自身にとって最適なカードローンを利用しましょう。消費者金融と銀行のカードローンでは、どのような特徴があるのかということを比較して調べるならば、こちらの比較サイトが便利です。

この比較サイトでは、各々の消費者金融と銀行のカードローンの特徴を詳細に比較することができます。比較情報としては、カードローンのメリットやデメリットなどの情報はもちろん比較することができますが、審査に通りやすいカードローンの情報も比較することができます。

またこの比較サイトでは、サイト運営者が沢山あるカードローンの中で特におすすめであるカードローンの情報も紹介しています。自分にとっていまいちどこのカードローンにするか決めかねている方は、こうしたおすすめカードローンも選ぶ際の候補に入れても良いでしょう。

ダイレクトワン株式会社

総合評価
★★★★★
掲載情報量
★★★★
使いやすさ
★★★★
利用満足度
★★★★
サービス内容
★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • アルバイトやパートの方も、申し込む事が出来ます
  • WEB上で、全て完結させる事が出来ます
  • 毎月の返済額は、4000円からとお手頃です

ダイレクトワン株式会社は、スルガ銀行グループの消費者金融です。カードローンであるダイレクトワンは、アルバイトやパートの方でも、安定した収入さえあれば申し込む事が出来ます。年齢は20歳から69歳までと、限られていますのでご注意下さい。

ダイレクトワンは、申し込みから振り込みまでWEB上で、全て完結させる事が出来ます。対面の煩わしさを、感じたくない方にはおすすめです。返済も近くの提携先銀行や、コンビニのATMから可能です。閉店時間を、気にする必要はありません。

借入金額によって異なりますが、毎月の返済額は4000円からと非常にお手頃です。返済額の負担が大き過ぎて、滞る可能性は殆どありません。担保や保証人も、原則として必要ありません。

じぶん銀行

総合評価
★★★★★
掲載情報量
★★★★
使いやすさ
★★★
利用満足度
★★★
サービス内容
★★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 通信業界の大手が作ったから安心
  • スマホからいつでもどこでも簡単申し込み
  • ATM手数料が一切掛からないからお得

じぶん銀行は通信大手のKDDIが共同出資で立ち上げたネット銀行です。目に見えない空間での取引ゆえ、信頼性と安全性に不安があるネット銀行だからこそ、KDDIが関与しているという事実は最大のメリットであり、安心材料と言えるでしょう。

カードローンの申し込みもスマホから簡単に行う事ができる上、auユーザーは最大0.5%の優遇サービスを受けられるのでおすすめです。また、ネットだから実現できるスピード感で、煩わしい待ち時間を感じる事なく融資を受ける事が可能です。

じぶん銀行がおすすめされるもう一つの理由は、全国のコンビニからお手軽に借り入れ、返済が可能な点です。しかも利用回数の制限はなく、365日いつでもどこでも完全無料でATMを利用する事ができます。

セブン銀行

総合評価
★★★★
掲載情報量
★★★★
使いやすさ
★★★★★
利用満足度
★★★
サービス内容
★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • ネットで契約を完結する事が出来ます
  • 利用限度額を複数のコースから選べます
  • 返済が都合にあわせて対応出来ます

手持ちのお金が万一不足した際に備えてカードローンの利用契約を検討される方も見えます。この際には多くの会社の中から選定を行う事となりますが、セブン銀行の利用がお勧めです。ここではカードローンの利用をネットから行う事ができます。

またカードローンの利用限度額は10万円、30万円、50万円の中から選べますので、必要最低限の利用限度額にて対応する事が可能です。そして返済についても毎月の一定金額返済や、まとめて一括での返済にも対応する事が出来ます。

セブン銀行ではカードローンの申し込みをネットで24時間受付していますし、また各種問い合わせ内容についてはお客様サポートにて確認しながら対応を図ってゆく事が可能ですのでおすすめです。

エス・ジー・ファイナンス

総合評価
★★★★
掲載情報量
★★★
使いやすさ
★★★
利用満足度
★★★★★
サービス内容
★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 利用者には嬉しい、即日融資も可能です
  • 細心の注意を払った上で、在籍確認が行われます
  • 申し込みから振り込みまで、WEB上で完結させる事も出来ます

即日融資をご希望の方には、エス・ジー・ファイナンスをおすすめします。エス・ジー・ファイナンスは、インターネットに特化し強みを持っている、全く新しい形の消費者金融です。オンライン上では、年中無住24時間申し込む事が出来ます。朝早い時間帯に申し込み、審査を通過した場合最短で午後の時間帯に、必要な金額を手に出来るところが魅力的です。

キャッシングやカードローン等を申し込む際、職場に在籍確認が行われます。個人情報を厳格に管理しているエス・ジー・ファイナンスでは、在籍確認を慎重に行っている点が特徴的です。スタッフが個人名で電話をかけますので、職場の方に情報が洩れる可能性はありません。

フォームに必要事項を入力した後、本人確認書類を撮影した画像を添付し送付すると、審査が行われます。店頭まで足を運び、対面で審査を受ける必要はありません。申し込みから振り込みまで、全てWEB上で完結出来るのがエス・ジー・ファイナンスの魅力です。

セントラル

総合評価
★★★★
掲載情報量
★★★★
使いやすさ
★★★★★
利用満足度
★★★★
サービス内容
★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • カードローン契約を自宅に居ながら行えます
  • 平日14時までの申込みで即日振込が可能です
  • 24時間365日申込みを受付しています

日常生活の中では予定していない突然の出費などで手持ちの現金が不足してしまうケースも有ります。この様な場合に備えてカードローンの利用契約を行っておく事も大切です。このカードローンはセントラルでの利用が多く行われています。

ここでは自宅に居ながらにしてインターネットから契約を行う事が可能ですし、また平日の14時までの申し込みで即日融資を行ってもらう事が出来ます。また借り入れや返済については全国のセブン銀行で行えますので便利です。

セントラルでは専用サイトでカードローンの申込みを24時間365日受付していますので、好きなタイミングで実施出来ます。この様に便利に利用可能なセントラルがおすすめです。

キャレント

総合評価
★★★
掲載情報量
★★★
使いやすさ
★★★★
利用満足度
★★★
サービス内容
★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 申し込む時間帯によっては、即日融資が可能です
  • WEB上で、全て完結させる事が出来ます
  • 在籍確認も、臨機応変に行っています

キャッシングするなら、キャレントが断然おすすめです。キャレントはWEBに特化していますので、スピードの速さは他社の追随を許しません。朝早い時間帯に申し込み、審査を通過した場合はその日のうちに、必要な金額を口座に振り込んで貰えます。

フォームに必要な情報を入力し、本人確認書類を撮影した画像を添えて申し込んだ後、暫くすると審査結果が通知されます。通過した場合には、必要な金額が口座へ振り込まれますので、対面の煩わしさを感じる事はありません。WEB上で、申し込みから振り込みまで完結出来る点が、何よりの魅力だと言えるでしょう。

キャッシングやカードローンを利用する際、職場に在籍確認が行われます。その際も、臨機応変に対応しているのがキャレントの特徴です。個人名で電話をかけますから、職場の方に借金を申し込んでいる事自体を、知られる可能性はまずありません。

資金に困ったらカードローンがおすすめ

カードローンには、銀行が発行するカードと信販会社のマネーカード、消費者金融会社のカードの三種類があります。一番手軽に作成できるのは、銀行のカードです。手軽といっても、先に口座開設とか口座のカードを作らねばならない場合もあります。なくてもいい銀行もありますが、何かと便利ですから口座も持つべきです。銀行からのカードを受け取るときは、自宅にいて郵便局員からじかに受け取る必要があります。それだけ重要なカードですからやむをえません。時には、郵便局の本局で特別に受け取ることができる場合もあります。このカードは、限度内であれば、借りたり返済したりと繰り返し使えます。その手軽さから、どんどん使いすぎると限度いっぱいとなり、次のカードを作る必要に迫られます。ですから、計画的な活用が大切です。

銀行のカードは、比較的高額で、利息の利率も低いです。ですから、消費者に一番有利なカードといえます。しかも、大手銀行やネット銀行では、審査も通りやすいですし、簡単に高額な借り入れができてしまいます。審査に通る人というのは、社会的に信用できる人です。職業や年収、家族構成や居住年数なども条件として考え審査されます。消費者金融会社では、電話でのやり取りの中から、客の経済状況や借入金の使途などについて上手に調査する技を心得ています。条件が整っていれば、堂々と受け答えすることが大切です。銀行の次に、気持ち的に安心なのは、信販会社のカードです。クレジットカードについているキャッシング枠と同じくらいの利率で、お金専門のマネーカードが発売されています。広告でなじみが深く安心できる会社が多いです。

利率は高いですが、銀行がだめでしたら考慮すべきカードです。そして、最後は消費者金融会社のカードです。おまとめや増額にも電話で丁寧に対応してもらえます。昔のイメージが社名を聞いただけで思い浮かんでしまいますが、今はよりしっかりした会社です。限度額もそれなりに高く、利率も高いと言った状況です。こちらは、総量規制の法律に基づいて、年収の三分の一までの上限で借り受けることができます。結論としては、まず銀行から作るべきで、しかもネット銀行がおすすめです。金利が安く、上限額もある程度まとまった額が見込めます。口座カードでは、月数回の振込みが無料です。この点が便利で有利です。きちんとした返済をしていれば、さらに借り受け額を増やすこともできます。それで、困ったら次に信販のカード、最後に消費者金融たせと考えます。