おすすめのカードローンはこちら★比較6サイト

トップページ > カードローンのおすすめ情報 > カードローンのおすすめ企業はここだ

カードローンのおすすめ企業はここだ

カードローンは、手軽に作れてお金が必要なときに準備できるよい方法です。
大きく分けて、消費者金融系と信販会社系と銀行系の三つがあります。
前の二つにいては、総量規制という法律に基づいていて、借りるお金の総額が年収の三分の一ということになっています。
銀行は、銀行法に基づいているので、この限りではありません。
ですから、おすすめなカードは、まずは銀行系ということになります。
中でも、ネット系銀行は、利率も低く金額もある程度見込めるので一番便利です。
次に、大手銀行か地方銀行のカードがよいです。
金額の上限が高いからです。
高いということは、利率も低いということになります。
肝心の審査ですが、個人情報機関のデータにマイナス要素がない限り、心配はありません。
給与を得ている方なら、ほとんどの場合通過することがみこまれます。


次に、考えるとすれば、名前も知れていて、大手なので何となく安心な信販会社です。
しかし、信販会社は、利率が15%ほどなので、利率が高めと言えます。
また、限度額も小さく、少しずつ間を取りながら増額になっていきます。
実績が大切なのです。
また、返済にも厳しく、期日での返済以外は、ほぼ認められません。
最後に、利用するとすれば消費者金融会社のカードです。
昔のイメージで気後れしそうですが、意外と金額も大きく、利率は少し高めですが、活用できます。
こちらは、困ったときは、利息分を納入すれば急場をしのぐことが認められます。
増額やおまとめの相談も電話で積極的に案内を受けることができます。
カードを作る順序は、銀行・信販会社・消費者金融というのが適当だと考えます。
銀行も保証会社は、消費者金融会社が請け負っていますので、限度額と利率で考えるとよい選択ができると考えます。


問題は、カードの作りすぎや会社の数多さです。
返済を複雑にしますし、利率も合理的とは言えません。
しかし、よほど収入のある人でないかぎり、いきなり高額のカードを作ることは難しいです。
ですから、枚数が増えていくのはしかたがないですが、計画的なカードづくりと返済を考えていくことが大切です。
審査で一番気をつけることは、申し込みブラックといわれる状態です。
延滞もしていず、返済をしっかりしていても、つい次のカードを申し込んでしまう状況になることがあります。
たくさんの申し込みチャレンジは、個人情報を汚し、信用のできない人物、お金に困っている人物と評価されてしまいます。
申し込みは、慎重にしぼりこんで、行うことが大切です。
携帯電話の支払いやクレジットカードの支払いなども全て、個人情報などに連動して記録されるので気をつけたいところです。

次の記事へ