おすすめのカードローンはこちら★比較6サイト

トップページ > カードローンのおすすめ情報 > カードローンを考えたときのおすすめ

カードローンを考えたときのおすすめ

カードローンを作ろうと考えたとき、条件として考えるのは、限度額と利率です。
限度額が高額なほど利率は低くなっています。
ですが、高額なカードを作るには、社会的な信用や年収の多さが必要です。
信用度の高い職業につき、稼ぎも多い人でなければ審査に通過しません。
ですから、ほどほどの額で、利息の利率が比較的低いものを選ぶ必要があります。
まず、最初に考えるべきは、銀行のカードです。
銀行は、銀行法に基づいてローンをしていますので、年収額の三分の一以内の貸付という総量規定の法律にふれないからです。
つまり限度額が大きくできるということです。
ですから、利息の利率も低めになります。
銀行でもネット銀行や大手銀行を利用するのが、信用も利便性もあって適当だと考えます。
中でもネット銀行の利率が一番低いです。


銀行のカードを作っていて、さらにというときは、信販系の会社か消費者金融会社のいずれかになります。
信販に比べて、消費者金融の方が限度額を年収の三分の一ぎりぎりまで設定してくれます。
信販は、取引実績主義なので、最初から高額は望めません。
徐々に間隔をあけながら増額していく形となます。
限度額が一番少ない分、利率も高めです。
ただし、イメージとしては、信販の方がいいような気がします。
しかし、これは誤解です。
なぜなら、実は銀行カードの保証会社は、ほとんど全部が消費者金融会社だからです。
しっかりと返済できなくなると、消費者金融会社にその処理が移行するということです。
表向きは、銀行ですが、中身は同じということです。
問題は、いずれにしても審査に通るかどうかです。
審査に通るには信用が大切です。


信用度は、その人の年収や職業、居住年数、総借受金などから判断します。
判断の大きな材料としては、個人情報機関のデータです。
三社ほどあり、申し込みの時点で、その情報を参照してもいいという許可を金融会社に与えています。
その許可に基づいて、照会すると、ありとあらゆる借金についての情報が筒抜けとなります。
携帯電話の割賦販売のことや月々の返済の様子、新たな申し込みの履歴など様々です。
この人が、お金に困っていないか、きちんと返済できているか、やたらに申し込みをしていないかなどを調査するわけです。
そして、審査の合否を出しています。
ですから、日頃の返済や申し込みについては慎重であるべきです。
きちんとした返済計画で、無理なく借りればおすすめなカードが、ローンカードです。
会社数やカード枚数が多くならないよう気をつける必要があります。

次の記事へ